Loading...
日本チェロ協会 メルマガ登録・解除
HOME > チェリストを探す > 演奏カテゴリ > 演奏家(プロ活動) > 岩﨑 洸
岩﨑 洸

岩﨑 洸 いわさき こう

株式会社カメラータ・トウキョウ
桐朋学園大学特任教授

プロフィールサイトへ

日本チェロ協会会報 第45号 (2016年2月29日)より

1. チェロを始めたきっかけを教えて 頂けますか?  

チェロを初めて手にしたのは11歳 の時です。姉、淑の桐朋のクラスメ イトが家に来て室内楽を演奏した 時に目の前に大きな楽器を見て、こ れが良いと思い父に話したらすぐ翌 日、分数チェロを持って来てくれま した。ヴァイオリンやピアノは弾い ていましたが、チェロは直ぐにヴィ ヴラートが出来たので嬉しかったの を覚えています。

 

2. 岩﨑さんが一番ワクワクするときは、どんなときですか?  

音楽面では、演奏会で自分の演奏表現が聴衆に伝わっていると感じる 一瞬ですかね。特にベートーヴェンのソナタを弾くときは感じます。

 

3. チェロ以外に好きなことはありますか?  

写真に興味が有り、ニューヨークに居たころは暗室での現像もして いました。現像液によって映し出される白黒の絵が浮き上がってくる 瞬間が実に神秘的に思っていました。

 

4. 海外でのチェリストのネットワークなどはありますか?また、海外 での公演において面白いエピソード等ありましたらご紹介頂けますか。  

私の住んでいるダラス/フォートワースでチェロフェスティバルが 1年おきに有ります。昨年の10月にチェロソサエティのゲストに招か れていたJesus Castro- Balbi 氏が開催しています。ここで多くのチェ リストに会うことができます。3日間のという短期間のフェスティバ ルですが、全米から集まる学生の為のマスタークラス、コンクール、 チェロアンサンブル、アーティストのコンサート、など盛りだくさん です。

 

5. 近況や今後どのようなチェリストとして活動していきたいか教えて ください  

昨年の6月にスペイン、バルセロナのカザルス財団に招かれカザルス フェスティバルで演奏会をしました。バルセロナの郊外のエル・ヴェ ンドレイという海辺の町で開かれていて去年で35年目でした。この町 は、パブロ・カザルスの出生の地です。このヴェンデレイカザルス ミュージアムとコンサートホールは私がマエストロカザルスに学んだ プエルトリコとまるで同じ海辺に有りとても美しい場所でした。私が マエストロに初めてマスタークラスを受けたのが丁度ハーフセンチュ リー前の1965年と云う記念すべき年に成ったと云う事もあり感無量の 時間でした。  博物館では写真や自筆入りの楽譜をはじめ、マエストロの功績や平 和に対する思いを表す様々な展示物がありました。彼の演奏だけでは なく、これらの貴重な功績を忘れられない様、後世に伝えて行くこと は大切だと思います。