Loading...
日本チェロ協会 メルマガ登録・解除
HOME > チェリストを探す > 演奏カテゴリ > 演奏家(プロ活動) > 藤田 ほのか
藤田 ほのか

藤田 ほのか ふじた ほのか

フジタ・ピアノトリオ、英Neil Chaffey Concert Promotions

プロフィールサイトへ

幼年からピアノとヴァイオリンを始め、10才になってからアイルランドでチェロを始めた。1984年イスラエルでウージ・ヴィーゼルに師事。


85年英国に移り、ギルドホール音楽演劇大学及び同大学院を卒業。ジェニファー・ウォードクラーク、ラファエル・ヴァルフィッシュ、スティーヴン・ドーンに師事。同大トゥーサント・メモリアル・バッハコンクール第1位、エルシー・ドリスモス・メモリアル協奏曲コンクール第1位、室内楽コンクール第1位、ファースト・イヤー・チェロコンクール第1位、ドロシー・アダムス四重奏コンクール及びジュニア・ルーティーンコンクール各ファイナリスト、マリア・カナルス国際音楽コンクールセミファイナリスト。英国ではロンドンの名門ウィグモア・ホール、バービカンホール、クイーン・エリザベスホールなど一流ホールで演奏。


一方、幼少時代から姉のめぐみ(ピアノ)、妹のありさ(バイオリン)とともに室内楽を演奏し、フジタ・ピアノ・トリオとして活動。99年ウィグモア・ホールで英国デビュー。2000年には東京・王子ホールで日本デビュー。以後、ヨーロッパを中心に活動し、英国での演奏は100ケ所を超え、特にベートーヴェンの三重協奏曲ではヨーロッパのオーケストラと17回の演奏記録を持つ。これまでにエネスク交響楽団、ルーマニア国立放送管弦楽団、ブラショフ交響楽団(いずれもルーマニア)、英国ロンドン・ソロイスツ室内管弦楽団、ロンドン・コンサートシンフォニア、英国エクセター交響楽団、フランス国立ロワール交響楽団 などと共演。 日本では京都フィルハーモニー室内合奏団と兵庫県立芸術文化センター大ホールで共演。


2001年初のCD(武満徹三重奏曲ほか)をロンドンでリリース。続いてチャイコフスキー、ラヴェル、ショスタコービッチ、シューベルト、ドヴォルザーク、メンデルスゾーンなど計6枚三重奏曲をリリース。2007年度第17回青山音楽賞バロックザール賞を受賞。


雑誌“レコード芸術”(2015年10月号)にてフジタ・ピアノトリオのメンデルスゾーン三重奏が推薦CDに選ばれる。


毎年フジタ・マスタークラスをゴールデンウィークにカワイ表参道で行っている。