Loading...
日本チェロ協会 メルマガ登録・解除
HOME > News&Topics > 著作物情報 > チェロの100年史――1740~1840年の技法と演奏実践

News&Topics

2020.05.11

著作物情報 

チェロの100年史――1740~1840年の技法と演奏実践

楽譜名 チェロの100年史――17401840年の技法と演奏実践
著者 ヴァレリー・ウォルデン
訳者 松田健
出版元 (株)道和書院
*書店、楽器店、ネット書店で購入できます
*小社サイトで直接購入も可能です
概要 2020年5月25日発売
*単行本 414ページ
3,800円+税
*ISBN 978-4-8105-3003-2 C1073
内容紹介 【推薦】
鈴木秀美氏…「チェロ奏者・教育者には必読の書」
懸田貴嗣氏…「バロック以降のチェロと奏法の歴史が見事に整理された名著」
河野文昭氏…「音楽表現の本質についても深く考えさせられる」
*

伴奏のための楽器から、重要な独奏楽器へ。
チェロが現在のチェロになるまでの波乱万丈の物語。
*

ボッケリーニ、デュポール兄弟など、名だたる奏者が成しとげた革命、楽器そのものと演奏法の変化、音楽文化と演奏習慣の変遷など、この楽器の歴史で最も重要な100年を詳細に描きます。
目次 第1章 チェロ奏者と演奏流派
第2章 ヴィオロンチェロ,弓,記譜法の発達
第3章 弓の持ち方と楽器の構え方
第4章 フィンガリング技法の発達
第5章 ボウイングの方法とその実践
第6章 特殊効果
第7章 装飾法のきまり
第8章 伴奏の奥義
第9章 美学とスタイルの諸要素