Loading...
日本チェロ協会 メルマガ登録・解除
HOME > チェロ協会のイベント > チェロ公開マスタークラス > アントニオ・メネセス チェロ公開マスタークラス

チェロ協会のイベント

開催終了

アントニオ・メネセス チェロ公開マスタークラス

アントニオ・メネセス チェロ公開マスタークラス

Clive Barda

2018年10月10日(水)

19:00開講(18:30開場)

会 場

Hakuju Hall

〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1丁目37−5 (株)白寿生科学研究所 本社ビル 7F

※代々木公園駅(千代田線)出口1より徒歩5分、代々木八幡駅(小田急線)南口より徒歩5分

※京王バス、ハチ公バス「富ヶ谷」停留所下車徒歩1分

受講料・聴講料

<聴講料>
チェロ協会会員 無料 
非会員 ¥2,000(当日¥2,500) 学生(非会員) ¥1,000 
※全席自由
※申込先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。

申し込み期間

●受講を希望される方(対象:チェロ協会会員) 

<申込〆切:9月10日(月)〔必着〕>

●聴講を希望される方 

<申込〆切:10月3日(水)>

Antonio Meneses Profile

1957年、ブラジルのレシフェの音楽一家に生まれ、10歳でチェロをはじめる。16歳で著名イタリア人チェロ奏者アントニオ・ヤニグロと出会い、門下生となり渡欧。デュッセルドルフ、後にシュトゥットガルトでヤニグロに学び、1977年にはミュンヘン国際音楽コンクール、1982年にはモスクワのチャイコフスキー国際コンクールで優勝を果たす。
 メネセスは欧州、北南米、アジアの主要音楽都市で、世界有数のオーケストラや世界を代表する指揮者と共演をしてきた。その中には、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウ管、ロンドン響、イスラエル・フィル、スイス・ロマンド管、ニューヨーク・フィル等の世界のオーケストラなどがあり、共演した指揮者には、カラヤン、ヤンソンス、アバド、プレヴィン、ブロムシュテット等が挙げられる。2014-15年シーズンではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やスコットランド室内管弦楽団、パリ管弦楽団、サンパウロ州立交響楽団等との共演が予定されている。
 後進の指導にも熱心で、欧州ではスペインのソフィア王妃高等音楽院やイタリアのキジアーナ音楽院に加え、2008年からはベルン音楽院で教えている。
また、北南米や日本でも積極的にマスタークラスを行っている。

主 催 一般財団法人 日本チェロ協会 
講 師 アントニオ・メネセス(通訳:中木健二)
受講生 鳥羽 咲音、泉 優志、佐山 裕樹
受講曲 鳥羽 咲音
チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33
泉 優志
ブラームス:チェロ・ソナタ 第2番 へ長調 作品99より第1楽章
佐山 裕樹
シューマン:アダージョとアレグロ 作品70
申込方法

【聴講】を希望される方は、ご案内PDFをダウンロードの上、お申込み下さい。

【受講】を希望される方は、《受講者募集要項》《受講申込書》をダウンロードの上、郵送でお送り下さい。

問い合わせ先

一般財団法人 日本チェロ協会事務局

TEL:03-3505-1991

FAX:03-3582-1310

E-mail: office@cello.or.jp

協賛:Hakuju Hall / 株式会社 白寿生科学研究所